はじめに

物語一覧

小噺 > 百鬼夜行保存会


百鬼夜行保存会

夜な夜な菅原市上空を滑空する謎の火の塊。望月はその正体を掴むため、夜中の上空を見やっていた。